3月27日(金) 「赤浜Rock'n Roll 試写会」



先日「赤浜ロックンロール」の試写会に行って来ました!!

赤浜とは、東日本大震災の津波で町の8割が消失した、岩手県の大槌町にある町の名であり、

THE STREET BEATSで何度も行っている町であります。


そこで何度も何度も飲み、何度も何度もよくしてもらった、

漁師でありロックンローラーである阿部兄弟を中心とした、町の復興にまつわるドキュメント映画です。


予告編で触れている範囲内で説明しますと、2015/3/11の日記でも紹介してますが

1兆円の国家事業14.5m超巨大防潮堤計画に

「海が見えねえじゃねえか!バカヤロー!」と疑問を投げ掛ける映画です。


不思議ですよ、


現地の人が、

「海が見えなくなるじゃねえかぁ!」と望んでいない、

「津波が来ても見えないから逃げ遅れるではないか!」と望んでいない、

「海の生態系が壊れるではないか!」と望んでいない、

22mあった東日本大震災の津波より低い堤防を作ろうとしているんですよ。


日本は島国であり、日本中津波の危険にはさらされているわけであり、

じゃあ、お台場には堤防がいらないのか?って話なんですよ。


あんまり文句ばっかり言ってもなんだし、

日本人は世界一優れた感覚を持っていると信じてますし、

素晴らしい志しを持った政治家も沢山いるのも事実かと思います。


がしかし、次回の投票率を上げるために、議員年金と天下り以外は、

計画性なく目先の事ばかりを処理するのが、多くの政治家の思考かもしれませんよ。


国がなんとかしてくれていた時代は、、、近未来に終わるかもしれませんね。。。


大槌のみんなのように、自立を目指すのが大切かと感じた、素晴らしい映画なのでした。



日記の感想などは、そして予約もコチラへ→


前の日記 次の日記

トップ

今までの日記