3月3日(火) 「川崎に沖縄の風、そしてGOD SAVE THE KIDNEY(腎臓)」

ゆんたく

大阪で再会して、その歌のパワーに衝撃を受けた、沖縄の光永光くん。

ひょんなキッカケからカホーンで参加する事に!!


そこは川崎にある「ゆんたく」という沖縄料理店。

リハーサル後に大好きな「沖縄そば」を注文しようとしたら、




「家のオススメは”南風原(はえばる)そば”なんですよ」

「沖縄そばは”どこでも”食べれるでしょ、でも”南風原そば”はここでしか食べられないんで」


この絶対読めない南風原(はえばる)は沖縄の地名。

ここでしか食べられない???

聞けば沖縄に「南風原そば」という分類はなく、

南風原出身のマスターが出身地の名前を世に広めたいという思いで作った、

南風原とはなんの関係もないオリジナル料理「南風原そば」なんだとか。


本当は、東京では”なかなか”食べられない沖縄そばを食べたかったのですが、

もはや頼まなければいけない雰囲気。


その「南風原そば」がこれ、ちなみに右は、後から悔しくて頼んだここの通常の沖縄そば。

 

最初に言いますが、美味しいです、スープも全部飲みきりました。

がしかし、これは全くもって沖縄料理ではない!!

共に沖縄出身の光くんも、ギター大城くんも認める「これは沖縄そばではない」(笑)

沖縄そばが良かったなぁ〜


そして「ハイ、オリオンビール生!!」と堂々と出されたビールは、、、

なんか妙な酸味を感じる、、、

メニューを見たら麦職人とかいう発泡酒・・・

そりゃないよ、、、

ちなみに発泡酒ってビールの味に似せるために様々な食品添加物が入っているらしいんですが、

何故か発泡酒には、添加物の表示義務がないなんて噂も、肝臓や脳に悪いなんて噂も、噂ね、

それ以前に味の問題なんですが、、、

ってことで速攻、泡盛のボトルを頼みました、結果安上がりに!!





ライブ



そんなこんなでライブ!!

ほとんどリハーサルは出来なかったんですが、めちゃいい感じ!!



お客さんもいい感じ!!

なんだか盛り上がってアンコール!!

なんだかんだ1時間位かな、

手はパンパン!!

カホーンは木の箱ですからな。



なんだか自分達も盛り上がって、大阪とか、沖縄や宮古島でやろう!なんて話も。

宮古島行きたいなぁ〜

ちなみに、震災の影響で宮古島に移住して来た人も多いらしく、

とはいえ宮古島には山という山がないので津波が来たら逃げる場所はないんだそうです。

まぁ移住の理由は放射能でしょうが、

とはいえ、とにかく、行きたいなぁ〜



打ち上げ



沖縄出身の彼らは、全く帰りの時間を気にしません、

その理由は、沖縄には電車がなく、終電を気にした事がない「沖縄習慣」が抜けないからなんだそうで(笑)



豚の手ですな。



美味しかった!!



GOD SAVE THE KIDNEY



光くんは、こんな豪快な体をしてますが、大城くんは豪快な腹をしてますが、俺は豪快に酔ってますが、

「KIDNEY」とは「腎臓」のことで、光くんは3ヶ月前にお父さんに腎臓提供したばかり、

本来ならまだ病院に安静期間なのですが、2週間位で抜け出したんだそうです、

って、ここで言ってしまっていいのか?!

彼としては臓器移植に関しては、賛成でも反対でもないんだそうです。

ただそういう状況になり、提供したと、

その恐ろしさは半端ないそうです。

そりゃそうですよ。。。

で、今回「GOD SAVE THE KIDNEY」なるTシャツを作り、売上の一部を寄付しているそうで、俺も買いました。


腎臓が一つなくなれば、本来なら体力が激減すると思うのですが、

彼なら人間の神秘で体内に新たな力が生まれるかもしれません。


次回はドラムで参加しようと思います!!

素敵な沖縄ナイトなのでした!!!



日記の感想などは、そして予約もコチラへ→


前の日記 次の日記

トップ

今までの日記