8月19日(火) 「9日 石巻→大槌 沿岸を北上 盛土計画の不思議」

9日 08:00 石巻タイムマシン

朝8時ロビー集合にて宮城県石巻より岩手県大槌へ

ルートは津波をくらった沿岸をひたすら北上する事、4時間。




もしあの頃に戻れるのなら、

   

うるわしき10代、夢と希望しかない20代ではなく、


7時間前に戻って、、、2次会に行かずに寝る。。。



いやぁ旅先の二日酔いは、旅の勲章なのだぁ!!



南三陸 陸前高田

南三陸、陸前高田、何もない、



津波で流されたままの光景が続く。

時折 「東北ってまだ復興してないんですか?」 と聞かれる時がある。

まさか、かつての住宅地が津波に奪われ、

今もなお、ただただ平地のままだと知ったら驚くだろうな。



盛土計画

陸前高田では大規模な盛土作業が、

ひたすら土が運ばれています。

 

地面を12mだか上げるそうで、、、

 

ちなみに、陸前高田を襲った津波は15m。。。


素朴な疑問だけれども、

津波が来た時のために地面を上げるのならば、

日本中を盛土しなけれぱいけないのでは?


素朴な疑問だけれども、

例えば木の根もない盛土しただけの砂山の上に建てた家は安全なのだろうか?



大槌の漁師談

「俺達はリスクを承知の上で、、、海から ”恵み” を頂いているんです。」

「津波が来たら、また逃げればいいし、家が流されればまた建てればいい」

「とにかく早く家を建てさせて欲しいんです。」


自治体の盛土計画が終わるまで、

家を建てたくても許可が降りないんだそうです。



取り壊し

大槌にて津波で流された地域に出来た




人気のイタリアンレストランは、

 

 


盛土計画のために、、、



取り壊しになるそうです。。。


盛土計画をしていない沿岸の町である宮古は、とっくに町が再建されております。




何が正解なのか?



大槌着

盛土計画にて、ひたすら平原が続元住宅地大

 



正解

現場に住むわけでもなく、体験したわけではなく、知識だけの俺がとやかく言う話ではありませんね。


そして、知識人などなどが、どんな理想論や正解論を掲げようと、行政を動かすのは難しく、

実際は居酒屋のグチが、単なるおしゃべり好きになってしまったり。。。


行政に対抗するならば、

選挙に出て行政側になるか、

もしくは、行政に頼らぬ、なるべく何にも依存しない生活スタイルを確立するしかない。

って事なのでしょうか?

それって、どんな生活だぁ!?(笑)

わかりませ〜ん!!


わかったふりするよりは、いいよね。


大槌ありがとうフェスティバルに続く。



日記の感想などは、そして予約もコチラへ→


前の日記 次の日記

トップ

今までの日記