3月14日(木) 「11日 Peace On Earth 恐怖を経て、最後は凄まじい”氣”

著名人のスピーチ



日比谷公園&東京タワーでの、震災復興&反原発イベントへ。

勘違いもあり、、、たまたま行く事に、

様々な著名人のスピーチ、

熱く、反原発を訴える、、、怒る、、、

ただ、そこに居る人々は、当然反原発なので、

というか311以降、大抵の人は原発の恐ろしさを知って反原発なので、

変な言い方だけど、

例えば、いじめ反対!万引き反対!って言われても、そりゃそうだろと思うわけで、

なんだか凄く普通に感じてしまったな。。。



松本哲也さん



岩手在住である松本哲也さんのステージを見る、

素晴らしく抜けのある歌声と、息のあったバンドにビックリ!!

初対面かと思いきや、岩手県大槌町で飲んでいた!!



いい再会なのでした!!



もう一つの恐怖

イベントに出店していたタコス店にて、

復興との文字のあるTシャツを着た中高年女性のお客さん

「これはどこの野菜ですか?」

店員さん・「東北の野菜かどうか気になりますか?」

若干気まずい雰囲気に。。。

お客さん・「気になります、お店としては気にしているんですか?」

店員さん・「気にしてますよ、こちらは福岡で、こちらは北海道で、、、」


結果は、おそらく店の趣旨的に全て東北以外の野菜。

タイミング的に、購入したかは確認出来ず、

東北の野菜が入っているのなら、買わないのか、買うのか、ニュアンス的に不明。。。


イベントの主旨は勿論、被災地の復興と反原発。

原発被害という観点から、東北の食物は危険とする店、人々と、

原発風評被害という観点から、東北の食物推進とする店、人々が混在。

復興という気持ちは一緒なのに、人々を二分してしまう、もう一つの原発の恐ろしさを改めて感じたのでした。



GOCOO



もう一つの会場である東京タワーに移動しまして、

本来の目的である、和太鼓バンド”GOCOO”を見る。


凄まじい”氣”を感じる魂の演奏、

歌詞もメロディーもなく、打楽器だけで人を感動させるとは、よく考えれば、よく考えなくとも凄い。

そして、気持ちの入った、ありきたりではない、カオリさんのフィルターを通した独自のメッセージ。

それは、これまで311に関する様々なメッセージを聞いてきましたが、

どれとも違う、初めて聞く、思いもよらぬ角度からのメッセージ。

一言間違えると誤解を生む程に繊細な言葉なので紹介は控えます、

本当に感動したのでした。


後のカオリさんのメッセージ

3月11日
ワタシは 泣くなんぞ おこがましいほど 
傷ついてもいないし なにを失ってもいない

でも 己を明け渡して
感じられる限りのものに身をさらすことは
太皷打ちである限り できるんだなと思った。

打ち始めたら止まらなくなった涙は

震えが止まらなくなるほど
激しく荒れ狂って カラダの中を通り抜けていったものは

少しは 音の舟に乗って
天へと旅立てただろうか




同じ太鼓打ちとして、もっと自分自身を見つめなおそう、と感じたのでした。




日記の感想などはコチラへ→


前の日記 次の日記

トップ

今までの日記