3月3日(日) 「24日 越路が大槌でライブをする理由 そしてライブ!!

越路姉妹 大槌ライブに至る理由

311の直後、大槌より、THE STREET BEATSのサイトに、

「俺達は震災に負けずに頑張ってます!」といった内容のメールが届き、

ヴォーカルのOKIさんが、何度も大槌に足を運ぶようになり、大槌との絆が始まる。


その後、石巻で越路姉妹がライブをした時に、

大槌や南三陸のみんなが、THE STREET BEATSでドラムを叩いている俺がやっている越路姉妹とは?

と興味を持ってくれたのか?見に来てくれる。

大槌と石巻は車で4時間、勿論そんな無理なお誘いをしたわけではなく、

客席に大槌のみんなが居てビックリ!!みたいな(笑)


その後、東北での越路姉妹ライブによく足を運んでくれるようになり、昨年の年末

「大槌で越路姉妹のライブをしてくれませんか?」  

「行く!行く!すぐ行くよ!2月位に行くよ!」 と感覚で返答し、

東北に、まさかの2月に行く事に!!(笑)

案の定、雪!!みたいな(笑)


なので、越路姉妹は、可哀想な被災地 ”大槌” に支援しに行ったわけではありません。

被災地だから行ったわけでもありません。

呼ばれても居ないのに、被災地というだけで、越路が行ったところで、

それは、着古したパジャマを送るのと一緒、

被災地からすれば、ナメてんのか・・・いらねぇ〜よ・・・って話です。


越路姉妹をお誘いしてくれた元気な町 ”大槌” に行ったのです。

チケット代も頂いております。

ビールも焼肉も頂いております。

帰りに手土産でワカメも頂いております。

支援されてます(笑)


一つだけ付け足すなら、

越路姉妹としての支援活動、震災の割と直後であった4月30日に、

車5台で、お客さんからの物資を積み、友人の居る石巻へ行った事も、

大槌の熱いロックンローラー達がが、硬派とは真逆な(笑)超異色バンド”越路姉妹”を呼んでくれたことに繋がっているのかもしれません。

越路姉妹 石巻へ ←メチャ詳細で長いです(汗)


いい事、悪い事、頑張った事、怠けた事、いずれも自分に返って来る、

そして、遥か未来に繋がっているのかもしれませんな。



APE

とはいえ、どこでライブを!?

東京で音楽をやっていた、大槌出身のノリシゲさんが、震災を期に大槌に戻り、

ガレキで作ったという、カフェ&バー「APE」にて!! APE詳細



寒いかと思いきや、ビニールハウスの原理で温かい!!

昼のライブにして良かった!!

 

ドラム、アンプ類は大槌バンドマンからのレンタル!!

和太鼓もあり、レンタル!!

和太鼓って案外色々な所にあるんだね。



15:30 ライブ

俺・「15時丁度からライブ始めたらいいかな? ライブは何分位がいいかな?」

大槌のシゲオ君・

「越路さんが16時からと言えば16時から、17時からと言えば17時から、2時間でも、3時間でも、いつまででも!!」

グルーヴがデカイ(笑)


この日、いくつかの法事と重なり、お客さんが集まりにくかったらしいのですが、



いい感じ!!

みんな楽しんでくれたので、2部制にして、本来の曲数を大幅に越えたライブ!!

和太鼓が鳴り響き、祭りソング!!


笑顔の皆さん、ほぼ全員、津波で家を流され、現在も仮設住宅に暮らしております。

多くの人が、親しき人を亡くしております。

それは過去の出来事ではなく、今も続いております。。。

それでも、元気で明るい!!

とにかく日々を進む。

何が起ころうと、前に進む。

そんな強さを頂く。


越路など、震災以降、何度も東北に行く人々とは、

ひょっとしたら、無意識のうちに、この”力”をもらいに行っているのかもしれないな。


最後の祭りソングでは、その場のアイデアにて、

渋谷でもライブなどをするという、大槌在住、ヴォイスパーカッション・倉澤 光二クン16歳とのコラボ!!



カッコイイ!!

メチャクチャ楽しく、終わるのが惜しいライブなのでした!!

なんだか、凄くまた大槌でライブがしたい気分になったのでした!!



打ち上げ

後日の日記に続きます。





日記の感想などはコチラへ→


前の日記 次の日記

トップ

今までの日記