6月6日(水) 「3日 ベッキー♪♯ LIVE!! 播磨の小京都 たつの市」

たつの市へ


単身、たつの市へ

新幹線から在来線へ乗り換えとなる姫路駅にて少々時間を持て余し、

今年二度目、絵画の姫路城を望む、

写真中央の白いシートの中身が、改修工事中の世界遺産姫路城。



路線図を見ると、姫新線の本竜野駅と山陽本線の竜野駅がある、

駅員さんに聞いてみる。

「赤とんぼホールには、どちらの駅からも行けるんですか?」

「竜野駅の周りには何もないので、、、本竜野駅の方がいいです」

なるほど、竜野駅の方が田舎という事か、

という事で、姫新線へ!!

まさかの1両!!!




大自然の中を走り、竜野駅より栄えているはずの本竜野駅到着!!



・・・

ならば竜野駅はどんな所なんだろう、

ちなみに本竜野駅、いまいちシステムが謎なのですが、

改札がなく、駅員さんもいなく、そのまま出られたのでした。


ホームには、赤とんぼを採る子供とお母さんの銅像。


「赤とんぼ」の作詞者 三木露風の生誕地なんだそうです。


そして、この日のライブ会場は、赤とんぼ文化ホール



会場の裏側には揖保川、ここの水で、あのブランドそうめん、揖保乃糸が出来ているんですな。

 


前回の大河ドラマ”平清盛”で、清盛が手にした播磨、”播磨の小京都”と言われる”龍野”

当時の面影が残る場所も多いらしく、当時からの名産品も多いんだとか、

観光したら綺麗な土地だったんだろうなぁ〜

なんて、そんな時間は全くなく、



リハーサル



キーボードの岸田君は今回が初参加、皆さん忙しくリハが少なかったため、

念入りなバンドリハーサルの後、更に通しリハ!!

東京芸大出身の岸田君、そうめんで言うなら揖保乃糸、若くして流石です。

本番1時間前、会場時間ギリギリまでリハしたのでした!!



ライブ



駅前には、コンビニもなく、人影も殆ど無かったのですが、

どこか駅前ではない所に街があるのかな?

ぶっちゃけ言いますと、、、なんで姫路じゃなく龍野?めちゃくちゃ田舎じゃん!!みないな(笑)

すいません。。。

え〜、にも関わらず、ソールドアウトの満員。

東京にて「チケットが取れなかった」って声、割と聞いたんですよね、


そして、この赤とんぼホール、様々な著名人がコンサートしているらしい、

謎のホールだぁ、さすが播磨の小京都!!


客層は、普段は若い女の子が多い中、まさに老若男女!!

10代以下から80代まで、

ここで様々なアンケートを取ったら、割と日本の平均がわかるんじゃないかな?


という事は、演歌のコンサートのように、皆さんゆったりとお聞きになるのかな?

と思いきや、大そうな盛り上がり!!


めちゃくちゃ田舎じゃん!と言っておきながら、俺、田舎好きなんですよね、自分も田舎育ちだし、

とはいえ、そうそう田舎でのコンサートは出来ないんですよ、なので貴重なコンサート。

なんとも言えないピュアな空気感!!


途中、ベッキー♪♯さんとお客さんとのトークコーナーがあって、

いやぁ、ステージ上で結構笑った、、、面白い。

それにしても、何を言い出すかわからない一般のお客さんとのトーク、やらせ無し。

お客さんにマイク渡しちゃいますからね、、、

よくよく考えたら、めちゃくちゃ怖いですよ(笑)

それでも限られた時間内で、全員のお客さんを飽きさせないように進行していくベッキー♪♯さん、

これ、見ている人は”普通の会話”と思うかもしれないですけど、全然”普通”じゃないですよ、

リアルタイムでのお客さんとのやり取り、、、大抵の場合、グダグダになるんですよ(笑)

がしかし、いつでもきっちり”着地”する、、、流石プロです。


勿論プロなのはトークだけじゃありません、様々な曲でキッチリ100分、

新たなダンス入ってたな、

バラードと新曲、2度程、うるっときたな。

チャレンジ&進化しているライブにグッと来た素晴らしいライブなのでした!!


俺は超個人的に、なんだかバタついてしまったな、

前夜友人と話したトラウマ的なものもあるな、

もっとストイックになろうと決心したライブなのでした。。。



移動

そして、この日2本目のライブ会場、大阪の心斎橋へ、

ステージからそのままタクシー!!

最寄り駅、本竜野駅から出る予定の電車には間に合いそうもなかったため、

とっさに予定変更、そのまま姫路駅へ!!

タクシーの運転手さんが素晴らしくてね、

町の説明をしてくれながら、最適な道を選んでスイスイ!!

最終的には、予定より早い電車に乗れたのでした!!



日記の感想などはコチラへ→


前の日記 次の日記

トップ

今までの日記