1月23日(火) 「感動続きの1月」

昨日

映画「さくらん」の試写会に行って来ました。

ナイスキャスティング!!!
女優、モデル、歌手などと花魁
職業としては全く違うものの
人に見られる、そして、流行りすたりのある職業
としては類似する中で
相手が何者であろうと信念を曲げない生き様
というか、それ以前に
相手が誰だか知ったこっちゃない
ナイフのような一面、多面?(笑)と
ガラスのような一面を持ち合わす
爆発と刹那を繰り返す、唄うたい!
いやぁ間違えた、花魁!
それはまさに、、、

時代劇には不向きなルックスをも気にせず
大女優を脇にまわし
主人公きよ葉・日暮によくぞ土屋アンナを起用!
これ、ほぼアドリブなんじゃねえの?
という映画でした(笑)

そしてちょい役だったものの
その異常な存在感、迫力、気迫、緊迫、妖艶、たるや大女優
菅野美穂に感動、かっこいい
いつの間に、こんな凄い人になっていたのだろう?
きっと、凄まじい努力と凄まじい私生活を送っていた、いるのだろうな、
あ〜見習わなくては、
それにしても
素晴らしい彩りの綺麗な映画でした。
今一度、試写室ではなく劇場で見たいと思ったのでした。


そう言えば21日

六本木モーフにて越路姉妹ライブでした、
あまりにスムーズで朝まで楽しい1日だったので、逆に憶えてない位(笑)
あと、越路姉妹としては珍しく、30分の時間制限を守ったんだよね、
何故なら、アウェイであり、その後に出る他のバンドがいたから、
いつもは自分達の前にいくつかバンドが出た後に、最後に出るんですよ、
だから、やりたい放題、30分の予定が1時間みたいな(笑)
そして、それが許されるホームでしかライブしてないので(笑)
越路姉妹は、いろんな外に出てってライブしよう!有名になろう!
という野望が全くないんですよ(笑)
それぞれが外から帰ってきて風呂に入って落ち着く、みたいなバンドなんで
ライブはホームばっかりなんです(笑)
でも温泉地に風呂に入りに行くのはあり、みたいな(笑)
そして、今年は六本木モーフもホームになる予感も、
久々に来てくれた友人もいろいろいまして、随分飲んだなぁ〜
笑い死にするかと思う位、笑って飲んだのでした(笑)


そして

明日も、六本木モーフにて真藤敬利ライブ!!
真藤君にとってはホームのモーフ!
出演はもちろん最後で、21:25〜
という事は、、、
時間がある方は是非!!




 今までの日記 

2007年
1月


2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2004年
1月
 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2003年
1月
 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2002年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2001年
7月 8月 9月 10月 11月 12月